2017年4月新発売のOTC医薬品をアンチ・ドーピングの観点からレビュー

海外出張等でしばらくご無沙汰していましたが再開します。

どうもスポーツファーマシストの奥谷元哉です。

OTC医薬品は処方せんという敷居が無いため消費者が購入しやすいです。

その上、商品名のバリエーションが多く、バリエーションの違いにより禁止物質を含むか否かが変わります。

2017年4月に新発売されたOTC医薬品をアンチ・ドーピングの観点からレビューします。

なお、成分表は各メーカーのホームページより引用させていただいております。

アリナミンEXプラスα 武田薬品工業株式会社


アンチ・ドーピング的に全く問題ございません。

1日量の成分は下記のとおりです。

フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)として 109.16mg

(フルスルチアミン塩酸塩 100mg)

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg

シアノコバラミン(ビタミンB12) 1500μg

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 103.58mg
(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)

(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして 100mg)

パントテン酸カルシウム 30mg

ガンマーオリザノール 10mg

リボフラビン(ビタミンB2) 10mg

余談アリナミンの違い

ビタミンをご存知の方ならば何が新製品??となったのではないでしょうか?

1日量の比較表を作りました。

アリナミンEXプラスα アリナミンEXプラス アリナミンEXゴールド アリナミンA
フルスルチアミン塩酸塩 100mg フルスルチアミン塩酸塩 100mg フルスルチアミン塩酸塩 100mg フルスルチアミン塩酸塩 100mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg リボフラビン(ビタミンB2) 12mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg 活性型ビタミンB6(ピリドキサールリン酸エステル水和物)60mg ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 20mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1500μg シアノコバラミン(ビタミンB12) 1500μg メコバラミン(活性型ビタミンB12)1500μg シアノコバラミン(ビタミンB12) 60μg
パントテン酸カルシウム 30mg パントテン酸カルシウム 30mg パントテン酸カルシウム 15mg
dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして 100mg dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして 100mg 天然型ビタミンE(コハク酸d-α-トコフェロール)100mg
ガンマーオリザノール 10mg ガンマーオリザノール 10mg ガンマーオリザノール 10mg
葉酸 1mg

プラスとプラスαの違いはビタミンB2の有無だけです。

下位のアリナミンAに入っているのだから最初から入っているべきなのですが。。。

アリナミンEXゴールドは活性型のビタミンを使用しており、より高い効果を狙っていますね。アリナミンEXゴールドも将来的にビタミンB2を配合した新商品を出すかもしれませんね。

キューピーコーワαドリンク 興和株式会社

生薬が含まれていますが、アンチ・ドーピング的に問題ないでしょう。

1日量の成分は以下です。ちょっとお疲れの方向けのドリンクですね。

チアミン硝化物(V.B1硝酸塩)10mg

リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
[ リボフラビン(V.B2)として3.93mg ]

ピリドキシン塩酸塩(V.B6)10mg

タウリン 1500mg

オキソアミヂン 50mg

エゾウコギエキス 30mg
[ エゾウコギとして600mg ]

L-アルギニン塩酸塩 50mg

無水カフェイン 50mg

ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 興和株式会社

アンチ・ドーピング的に問題ありません。

生薬のケイヒとウイキョウが含まれていますが、これらが明確に禁止物質を含むというエビデンスは存在しません。

薬剤師、スポーツファーマシストによっては生薬成分を含んでいるので避けて下さいと説明するかもしれません。

過去の(2010年版)薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドにはケイヒやウイキョウが含まれるOTC薬もセーフリストに入っていました。

今は万が一を考慮してなのか、2016年版を見ますと生薬を含むOTC胃腸薬はものの見事になくなっています。

唯一、ロートエキスだけを含んでいるOTC胃腸薬だけ残っています。

ケイヒやウイキョウも避けましょう?カレー食わないんですか?うまいのにカレー。

何でもかんでも避けましょうが本当にアスリートのためになるのか今一度考える必要があります。

1日量の成分は以下です。

納豆菌末 10mg

ラクトミン(乳酸菌)30mg

ビフィズス菌 30mg

ジメチルポリシロキサン 84.6mg

センブリ末 30mg

ケイヒ末 30mg

ウイキョウ末 30mg

メチルメチオニンスルホニウムクロリド(MMSC)30mg

沈降炭酸カルシウム 300mg

水酸化マグネシウム 300mg

パントテン酸カルシウム 22.5mg

アバロン 大正製薬株式会社


ゲームっぽい名前なのですが、アンチ・ドーピング的に問題ありません。

1日量の成分は下記のとおりです。

炭酸水素ナトリウム 200mg

ケイ酸アルミン酸マグネシウム 300mg

ロートエキス3倍散 30mg(ロートエキスとして10mg)

ソファルコン 100mg

 

ザ・ガードコーワ整腸錠α3+のみ専門家の見解が分かれます。

私は問題ないと考えています。

その他は常時使っていただいて大丈夫です。

私も競技者ですので、禁止物質が含まれていない事を検査されているPeak Performance Nutrition社のサプリメントを愛用しています。トレーニングだけでなくサプリメントの品質、安全も妥協したくない方へ!