花粉症の目薬

花粉症の目薬はアレルギー症状を抑える点眼薬が使われます。

今回紹介するアレルギーを抑える点眼薬は全てドーピングで陽性となることはありません。

最も優先したいのは抗ヒスタミン薬

飲み薬と異なって点眼薬の場合は眠気を考慮する必要が全くありません。

まずは医療用医薬品(処方せんでもらえる薬)の紹介です。

パタノール点眼液(オロパタジン)

即効性の抗ヒスタミン作用と予防効果のケミカルメディエーター遊離抑制作用の両方があり、しみない。

医療用のアレルギーを抑える点眼薬としてはエースです。

アレジオン点眼薬(エピナスチン塩酸塩)

パタノールと同等の作用を有し、防腐剤が少なめです。

ザジテン点眼薬(ケトチフェンフマル酸塩)

ザジテンも古くからある点眼薬ですが、パタノールとほぼ同等の作用があります。

ただ、若干しみてしまう欠点があります。

 

 

ザジテン点眼薬にはOTCがあります。

OTCですが、医療用医薬品のザジテン点眼薬と同じ濃度です。

一般的にOTC点眼薬の有効成分の濃度は医療用医薬品の半分ほどです。

そのため、ザジテンAL点眼薬は医療用のザジテン点眼薬と同じ効果が期待できます。

ケミカルメディエーター遊離抑制作用

アレルギーの初期段階に作用し、予防的な効果を期待して使われますので早めの使用開始をおすすめします。

抗ヒスタミン薬に比べてアレルギーを抑える力は弱いです。

リザベン点眼薬(トラニラスト)

しみない。長期に使えます。

インタール点眼液(クロモグリク酸ナトリウム)

インタールはしみます。

 

 

リザベン(トラニラスト)はOTCでも販売されています。

アルガードプレテクトはリザベン点眼薬と同等の濃度なので同じ効果が期待できます。

複数の成分を含むOTC

 

 

同じロート社の花粉症、アレルギー向け点眼薬でもアルガードクリアブロックZは四種類の有効成分を含んでいます。

クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン)

クロモグリク酸ナトリウム(ケミカルメディエーター遊離抑制作用)

プラノプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護)

 

クロルフェニラミンマレイン酸塩は眼圧が上昇する可能性があるので緑内障の治療を受けている方は避けて下さい。

プラノプロフェンは目の炎症を抑える作用があります。皆さんの大好きなロキソニンと同じ作用です。

花粉症で目をこすってしまった場合に有効となりますが、7歳未満の小児、妊婦、授乳婦は避けることとなっています。

複数の成分を含んでいて効きは良いですが、避けるべき方もいますので注意して下さい。

糖質コルチコイド

糖質コルチコイド(ステロイド)の点眼薬は局所使用に当たりますのでドーピングで禁止とはなりません。

リンデロン点眼・点耳・点鼻液(ベタメタゾン)とオルガドロン点眼・点耳・点鼻液(デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム)は作用の強いステロイド点眼薬です。

フルメトロン点眼液は懸濁性の点眼液で長く目に留まり、効果を発揮します。

ステロイドの強さはリンデロンに比べて弱いです。

ステロイドの点眼薬は目の感染症、眼圧上昇のリスクがあるため長期の使用は避けて下さい。

本当に花粉が辛くて、抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制作用薬ではかゆみを抑えられない時に限定して使うようにして下さい。

ステロイド点眼薬は効果が高く、ドーピングにも引っかかりませんが副作用の懸念があります。必ず医師の指示を守ってご使用下さい。

目薬を複数同時に使う場合は順番がある

複数の目薬を同時に使うためには一つを使ってからもう一つを使うまでに5分あけるのが基本です。

先にさした目薬が後からさした目薬に流されてしまうのと、目薬同士の相互作用が起きないようにするためです。

ただし、ゲル化する目薬は直前に使った目薬から10分ほどあける必要があります。

目薬を使う順番は

水溶性点眼薬→懸濁性点眼薬→油性点眼薬→ゲル化点眼薬

です。もちろん、お使いの点眼薬がどれに該当するかを判断するのは難しいので医師や薬剤師にご相談下さい。

同じ水溶性点眼薬の場合はより効かせたい方を5分あけて後にさします。

花粉症の点眼薬はドーピングには引っかかりません。

一部、使える方、使い方が限定されますのでご注意下さい。


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント