インフルエンザの薬をアンチ・ドーピング的に解説

お世話になっております。スポーツファーマシストの奥谷元哉です。インフルエンザの薬ですが、主に医療用医薬品となります。服用に当っては必ず医師の指示に従い、副作用と思しき症状が出た場合は速やかに受診して下さい。

抗インフルエンザ薬はどれもドーピングで陽性となりません。

ただし、抗インフルエンザ薬はインフルエンザウィルスを殺す薬ではなく、あくまでも増殖を抑える薬です。

ウィルスの増殖が約48時間でピークを迎え、以後は減少していくため48時間以内の服用が有効であるとされています。

商品名(一般名)で、どちらでも検索が出来るようにしております。

タミフル(オセルタミビル)

最も有名な抗インフルエンザ薬です。

飲み薬で大人はカプセル、小児はドライシロップです。5日間飲み続けるというのが新しいタイプの薬が出た現在ではデメリットです。

「48時間を過ぎても飲み続けるのか?」

いいえ。ウィルスの増殖は減っているものの48時間目にタイマーがあっていきなりゼロになるわけではありませんので必ず飲みきって下さい。

リレンザ(ザナミビル)

タミフルの次に承認された抗インフルエンザ薬です。

大人も子供も同じ装置の吸入薬です。

5日間吸入を続けるというのはタミフルと同じくデメリットです。

しかも、吸入のセットの手間もあります。

イナビル(ラニナミビル)

新しく発売された抗インフルエンザ薬の吸入薬です。一回の使用で全量を吸入します。

一回で終わるメリットと熱が下がるまでの時間が短いのが特徴です。

装置が特殊で、一度で全て吸入する使い方のため、大体の薬局で薬剤師が説明しながらその場で吸入されます。

大人は全く問題ないのですが、子供は苦いと言って抵抗し、まれに服薬拒否するのが難点です。

いささかの難点はあるものの診察後すぐに薬が体内に入り、効果の発言も早いため非常に良い薬です。

ラピアクタ(ペラミビル)

最も新しい抗インフルエンザ薬で点滴です。一回点滴するだけ終了です。

6時間以内に50mlを超える量の静脈注射は常時禁止されていますが、インフルエンザの治療で正当な受信過程ですのでラピアクタの点滴はアンチ・ドーピングの観点からも問題はありません。

抗インフルエンザ薬ではないのですが、抗インフルエンザ作用がある医薬品

シンメトレル(アマンタジン)

日本ではパーキンソン症候群の症状を抑える薬としての方がよく知られています。

1964年にアメリカで開発され、アメリカではインフルエンザの予防薬として広く使われています。

日本で抗インフルエンザ薬としての適応になったのは1998年でワクチンの補助療法という位置づけです。

A型のインフルエンザウィルスのみ増殖抑制効果があります。

タミフルが不足した時期はシンメトレルもよく調剤していたのは今となっては懐かしい思い出です。

主題を忘れていました。アンチ・ドーピングの観点からもシンメトレルは問題ありません。

ただ、神経系の副作用があり、現在は抗インフルエンザ薬は充分にあるため処方されることはほとんど無いと思われます。

麻黄湯

実は漢方薬にもインフルエンザの保険適応があります。

麻黄湯はエフェドリンを含みますので競技会時に禁止されています。

また、今はイナビル、ラピアクタという斬れ味のするどい抗インフルエンザ薬があり、充分に供給されているのでこれをあえて選択するということはあまりありません。

タミフルが不足した時代はちょいちょい出ていました。これも懐かしい思い出です。

アンチ・ドーピングの観点からは抗インフルエンザ薬よりも咳症状を抑える薬に注意が必要です。

この時季だから知っておきたい競技会直前でも服用可能な風邪薬3選でも書きましたが、咳症状を抑える薬にはメチルエフェドリンが含まれています。

さすがにインフルエンザ症状が治るか治らないかのうちに競技会に出場する方はあまりいないと思いますが、中にはぶっ飛んでおられる方もいらっしゃいますので念のため書きます。

風邪でよく出るフスコデ配合錠やメチエフ散はメチルエフェドリンを含んでおり、競技会時に禁止されています。

[st-kaiwa1]じゃあ、何が使えるのだ?[/st-kaiwa1]

メジコン(デキストロメトルファン)

アスベリン(チペピジン)

アストミン(ジメモルファン)

コデインリン酸塩

上記の咳止めが使用可能です。

他にもありますが、医師にドーピングに引っかからない咳止めを希望する時は上記のようなメジャーな医薬品の候補を挙げて希望しますと医師もとまどわずにすみます。

ホクナリンテープは禁止です。

ホクナリンテープはβ2刺激薬で常時禁止物質です。

たまに子供がもらってきて余っているからと貼ってしまう方がいらっしゃいますがこれはドーピングで陽性となりますのでダメです。

常時禁止物質ですので競技会外検査(抜き打ち検査)に当たっている競技者は絶対に貼らないようにして下さい。

β2刺激薬は他にもこんな品目名があります。

ベネトリン(サルブタモール 吸入は量の制限はあるものの使用可能

メプチン(プロカテロール 全ての剤形が禁止

鼻水の症状を抑える薬

クロルフェニラミンマレイン酸塩が医療用ではよく使われます。ドーピングで問題となりません。

眠気が、インペアード・パフォーマンスがと前回語りましたが、インフルエンザの時くらいがっつりと寝て下さい(笑)

去痰薬も大丈夫です

ムコダイン(カルボシステイン)

ムコソルバン(アンブロキソール)

ビソルボン(ブロムヘキシン)

どれもアンチ・ドーピングの観点からは問題ありません。

OTCの抗インフルエンザ薬はあるのか?

OTCの抗インフルエンザ薬はありません。

麻黄湯が一応、該当しますがインフルエンザと思しき高熱が出た時は自己判断せず、病院の受診を強く勧めます。

まとめ

抗インフルエンザ薬自体はアンチ・ドーピングの観点から使用して問題ありません。

しかし、漢方薬、咳を抑える薬には禁止物質を含む場合があるため注意が必要です。


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント