ドーピング禁止物質を検索する方法

スポーツファーマシストの奥谷元哉です。

どこかで自分の飲んでいる成分がドーピングの禁止物質に当たるかどうかを調べられないですか?

と、いう質問をよく受けます。

いくつかあります。

が、あまりオススメできません。

アスリート自身が禁止物質を調べる方法について解説します。

禁止表国際基準

禁止表国際基準が全ての基準ですが、専門家でも難しく一般の方には到底理解できる仕様になっていません。

禁止されている物質や方法が掲載されていますが、掲載されている例はあくまでも一例です。

2017年から2018年への改定でも解説しましたが、一例にのっていなくても同じカテゴリーの成分であれば禁止となります。

禁止表国際基準に掲載されていないのを見て安全であるという間違った判断をする可能性が大いにあります。

Global DRO

Global DROはオンライン上で、ユーザータイプ、競技名、国と物質名を入力することにより禁止物質であるかどうかを判定できるウェブサイトです。

電波さえつながれば365日24時間お手軽に検索できる便利なシステムで、我々スポーツファーマシストも重宝しています。

Global DROは専門家向け、一般の方には難しい

結論から言いますと、Global DROは専門家向けのウェブサイトで、医薬品の知識の無い一般の方が調べるには難しいです。

理由は以下のとおりです。

調べることができる成分は医療用医薬品の成分のみで、医療用医薬品であっても漢方薬や生薬についてはヒットしません。

そのため、OTC(処方せん無しの医薬品)の成分はヒットしない成分があり、薬の専門家でないと判断が出来ない場合があります。

試しにマレイン酸カルビノキサミンと入力してみた例が下記のスクリーンショットです。

マレイン酸カルビノキサミンはパブロンSα微粒などのOTCかぜ薬に入っているヒスタミンブロッカーです。

専門家であればヒスタミンブロッカーは調べるまでもなく使用可能と判断できますが、医薬品の知識の無い方では禁止物質に該当するのかどうかの判断をすることができません。

英語でCarbinoxamineと入力しますと、判定ができます。

しかしながら、現実問題として一般の競技者は成分名の正確な英語表記を知らないのが普通です。

そして、医療用医薬品はほとんどが一製品一成分ですが、OTCはいくつかの成分が含まれていることが多く、(日本語検索では特に)複数の成分が判定不可となってしまうためGlobal DROは一般の方が使うには不向きなウェブサイトです。

健康食品、サプリメント、ハーブなどはそもそもこのGlobal DROでは取り扱っていないので判定ができません。

薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブック

日本薬剤師会のホームページからダウンロードできます。

薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブックは成分と商品名の両方から調べることができ、よくある質問に対する回答や使用可能なリストまで掲載されており非常にユーザーライクです。

こちらは使用可能な商品名が明記されているためそれを一言一句間違えなければ一般の方でも安全に医薬品を購入することができます。

薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブックは一つだけ弱点があります

それは、最新版がでるまでに非常にタイムラグがあるということです。

アンチ・ドーピングのルールは毎年1月1日から新しくなり、実施されますが、薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブックがオンライン上で更新されるのは概ね3月から5月。書籍がでるのが6月以降と新ルールへの対応が遅いのです。(その年によってリリース時期はかなり変わります。)

これは薬剤師会の有志の方により間違いがないように内容をよく議論した上で製作されるためで、どうしても時間がかかってしまいます。

弱点というより仕方が無い点ですが、薬剤師のためのアンチ・ドーピングガイドブックもサプリメントについては情報が無く、判断できません。

アスリート自身が禁止物質を調べるにはこのようにたくさんの隙間があり、容易ではありません。

アスリート自身で判断がつかない時に相談する先がスポーツファーマシストです。

一点だけご注意いただきたいのがスポーツファーマシストもサプリメントについては判断しない方が多いです。

サプリメントは予期しない成分の混入があるため迂闊な事は回答できないためです。

それを踏まえて分からない時はスポーツファーマシストにご相談ください。


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント