マリア・シャラポワうっかりドーピングではありません ドーピング違反事例をメッタ斬り

2016年のニュースですが、マリア・シャラポワがメルドニウムという物質で陽性反応を出し、資格停止となりました。

よほどの事が無い限り資格停止期間は短縮されません。

何故、マリア・シャラポワの資格停止期間は短縮されたのか?

この記事は、マリア・シャラポワのファンの気分を極めて酷く害する内容です。

結論ですが、マリア・シャラポワ選手は意図的なドーピングであるにも関わらず、大いなる力を行使することにより資格停止期間を短くすることに成功しました。

 

マリア・シャラポワの言い訳は一流の選手としては通らない

2016年の初めのニュースだったのでどういった経緯だったか復習しました。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/08/maria-sharapova_n_10366902.html

CASの議事録

http://www.tas-cas.org/fileadmin/user_upload/Award_4643__FINAL__internet.pdf

非常に長いので要点は26-27ページ目の99-102の項目です。

大前提ですが、ITF内での2年の停止処分でも充分にマリア・シャラポワ寄りに配慮された裁定だと思います。なぜなら、マリア・シャラポワではない普通の選手でしたら4年の資格停止期間になると判例から予想されるからです。

マリア・シャラポワの言い訳の概要は下記の2点です。

・ドーピングのルール改定の情報提供が不十分だった。

・信用している医師から出されている薬なので服用していた。

ドーピングの最終責任は選手自身にあるという原則を全く理解できておらず、重大な過失であると私は考えます。

ドーピング検査のある競技者には絶対に読んで欲しい最重要 ドーピング違反しないための基本のき

マリア・シャラポワ選手はまるで自分が被害者であるような幼稚で感情的な声明を発表していますが騙されてはいけません。

毎年改定されるアンチ・ドーピングルールを確認せずに競技に出るトップ選手はいません。

ましてや、スタッフが付いているスター選手です。スタッフも含めて誰もアンチ・ドーピングのルール改定をチェックしていなかったということは不自然すぎて考えられません。

メルドニウムを治療に使用する合理的な根拠がない

メルドニウムはリトアニアとロシアでのみ承認されている薬ですが、マリア・シャラポワ選手はアメリカ在住です。

アメリカにはメルドニウムの他にも医師の処方で使用できる抗虚血薬が数多くあるため、メルドニウムでないと治療できないということはありえません。

仮に、他の治療目的で服用していたとしても世界一の先進医療国のアメリカで代替薬が存在しないことは考えられません。

メルドニウムは2015年に監視プログラムで、2016年から常時禁止物質です。

ロシアの選手を中心に不自然に件数が多いとWADAは考えていたのでしょう。

ロシアの選手を中心にこのメルドニウムの違反は100件以上出てしまった。

これらの条件を吟味しますと、ロシア系の選手はメルドニウムに競技上有利となる特別な効果を知っていた。

マリア・シャラポワも他の選手と同様、意図を持って服用していた。そうでないと、まずロシア国内を制するのが難しい。

 

WADAも大いなる力の前には屈する

マリア・シャラポワの違反事例は、マリア・シャラポワではない普通の選手でしたら4年の資格停止期間になると判例から予想されるます。

しかしながら、ITFで2年、さらにCASを経て1年3ヶ月にまで短縮され、通常では全く考えらない資格停止期間の短縮です。

厳罰原理主義のWADAが大いなる力の前に屈した

と、言わざるをえません。

マリア・シャラポワの減刑は世界中のドーピング支持者、ドーピング愛好家に希望の光を与えたと私は重く受け止めています。

資格停止期間33ヶ月短縮のインパクトは大きく、強大な影響力と莫大な資産価値があるスポーツ選手はCASに持ち込んで腕利きの弁護士を雇えばドーピング違反をしても選手活動への影響を最小限にとどめられる。これはアンチ・ドーピングの抑止力が低下したことを意味します。

私は、マリア・シャラポワの違反は故意の使用に違反であると考えています。

どのような案件であってもCASに持ち込んだら何とかなるとは思えませんが、CASに持ち込むことにより資格停止期間が短くなる事例がでてきました。CASの裁定はWADAやJADAの決定に影響を与えるようです。

違反事例をメッタ斬り ギャスパリニュートリション アナバイトの事件について解説

資格停止期間の短縮に焦点を当てましたが、本当に大切なのはそもそもドーピング違反をしないことです。

ほとんどのアスリートは検査を受けてもクリーンであることを証明しています。

ドーピング検査のある競技者には絶対に読んで欲しい最重要 ドーピング違反しないための基本のき

日本と世界のドーピング違反率比較

 

 


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント

ABOUTこの記事をかいた人

パワーリフティングというスポーツで現在も競技出場しており、競技者目線に立ったアンチ・ドーピングの解説記事を書きます。 主な戦績 2009年、2011年全日本パワーリフティング選手権大会優勝 2011年世界パワーリフティング選手権大会種目別銀メダル 2012年アジアパワーリフティング選手権大会種目別金メダル 2017年度はパワーリフティング、ベンチプレスともに全日本大会3位でした。