逆に眠くなったりドーピング違反になる避けるべき花粉症の薬を紹介します

花粉症の薬では最優先の点鼻薬インペアード・パフォーマンスの起きにくい内服薬を以前に紹介しました。

そこで、

あえて眠くなったり、競技会前の服用は控えたほうが良い花粉症の薬を特集してみます。

どうも。スポーツファーマシストの奥谷元哉です。

いつもとは違う趣旨で気分を変えてみます。

花粉症の薬ですが、眠気と効果の強さは概ね相関します。

(主作用副作用が強い)第一世代抗ヒスタミン薬+糖質コルチコイド>第一世代抗ヒスタミン薬>第二世代抗ヒスタミン薬(主作用副作用が弱い)

第一世代+糖質コルチコイド

セレスタミン配合錠とそのジェネリック医薬品です。ステロイド(糖質コルチコイド)が入っている内服薬ですので競技会時は禁止されます。

ステロイドの内服のためOTC(処方箋無しの薬)はありません。

作用は最強ですが、眠気、口渇、インペアード・パフォーマンス等(これらの副作用は第一世代抗ヒスタミン薬に起因)と副作用も最強です。

長期に大量使用した場合はステロイド特有の副作用である高血圧、高血糖、胃潰瘍、骨粗鬆症、感染症も出る可能性があります。

鼻や眼の症状が辛すぎる時に限定して頓服での使用が良いでしょう。

セレスタミン配合錠にはベタメタゾンという作用の強いステロイドが含まれています。

ベタメタゾンは半減期が36-54時間と非常に長いです。

体内から消失するための必要な時間は最大で270時間かかる可能性があります。

人体のイレギュラーも考えると競技会当日から二週間以上はあけた方が良いでしょう。

セレスタミン配合錠が無いと花粉症に耐えられないという方は花粉シーズンの競技会参加は見送ったほうが良いです。

第一世代抗ヒスタミン薬

ポララミン(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)

ザジテン(ケトチフェンフマル酸塩)

タベジール(クレマスチンフマル酸塩)

及びそのジェネリック医薬品です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】アレルギール錠 110錠アレルギール
価格:1206円(税込、送料別) (2017/2/23時点)

 

OTCの鼻止め成分でも広く使われているので手に入りやすく、安いというメリットがあります。

作用は強いですが、眠気、口渇、インペアード・パフォーマンス等(これらの副作用は第一世代抗ヒスタミン薬に起因)と副作用も最強です。

第一世代抗ヒスタミン薬は禁止物質ではありませんので常時使用可能です。

第二世代抗ヒスタミン薬

主作用、副作用の強い第二世代抗ヒスタミン薬

アレロック(オロパタジン塩酸塩)

ジルテック(セチリジン塩酸塩)

ザイザル(レボセチリジン塩酸塩)

 

セチリジン塩酸塩にはOTCがあります。

主作用、副作用が中程度の第二世代抗ヒスタミン薬

アレジオン(エピナスチン塩酸塩)

エバステル(エバスチン)

タリオン(ベポタスチンベシル酸塩)

 

 

アレジオン、エバステルにはOTCがあります。

主作用、副作用が弱いの第二世代抗ヒスタミン薬

アレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)、クラリチン(ロラタジン)が該当しますが、詳しくはインペアード・パフォーマンスのページをご参照ください。

競技者は絶対避けたいインペアード・パフォーマンス

第二世代抗ヒスタミン薬も禁止物質ではありませんので常時使用可能ですが、価格が第一世代に比べて高いです。

アレルギー症状を抑える薬は効果の強い成分ほど副作用も強く出る傾向があります。

アレルギー症状が強い場合、眠気、インペアード・パフォーマンスを避けた医薬品では全く症状が収まらない事はあります。

その場合は眠気、インペアード・パフォーマンスよりもアレルギー症状を抑える方が全体的なパフォーマンスは良くなります。

メリット、デメリットを総合的に判断して薬を選んでください。

特に、ベタメタゾンが含まれているセレスタミンは作用が強力ですが、体内から消失するまでに非常に時間がかかります。

引っかかってしまわないよう十分注意してください。

本記事はアンチ・ドーピングの観点から競技者が商品名を間違わないよう画像クリックでOTCの販売サイトに飛ぶようにしています。

全てプソイドエフェドリンや漢方成分を含まない抗ヒスタミン薬に限定していますので禁止物質を含みません。ご安心ください。

 


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント