遡及的TUE申請とは

遡及的TUEの申請とは、違反が疑われる分析報告が JADAを通じて競技者に通知された時に行います。

事前申請よりも緊急の申請となりますが、事前申請と同じく審査があります。遡及的TUE申請が必ず認められるわけではありません。

 

TUE事前申請対象者

これは、JADA指定のRTPA、IF指定のRTPA、JADA及びIF双方から指定のRTPA及びTUE事前申請対象の国内競技会にエントリーしている競技者全員が該当します。

上記のいずれかに該当している方で、下記の条件を満たす場合に遡及的TUEを申請することが出来ます。

ISTUE4.3 条の範囲における遡及的 TUE が認められる事情

a)救急治療又は急性症状の治療が必要であった場合

b)他の例外的な事情ために、検体採取の前に、競技者が TUE の申請を提出するため、 又は、TUEC がこれを検討するために十分な時間又は機会がなかったこと

c)適用規則において、競技者が、遡及的 TUE の申請をすることを義務付けられ(第 5.1 項の解説を参照のこと。)又は許されていた(世界規程第 4.4.5 項を参照のこ と。)場合

d)WADA 及び遡及的 TUE の申請を受け又は受けうるアンチ・ドーピング機関が、 公平性の観点から遡及的 TUE の付与が必要であることに同意する場合

遡及的TUEは緊急のTUEという側面が強いですが、承認要件は通常のTUEと同じです。そのため、上記の条件に加えて、下記の条件にも当てはまらないと承認されません。

1 治療をする上で、使用しないと健康に重大な影響を及ぼすことが予想される

2 他に代えられる合理的な治療方法がない

3 使用しても、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる効果を生まない

4 ドーピングの副作用に対する治療ではない

TUE 事前申請対象者以外の競技者

RTPAではない国内競技会にエントリーしている競技者全員が該当します。

※JADAのTUE関連のページを見る限りはRTPAではない国内競技者は事前のTUE申請ができないととれますが、実際には事前のTUE申請を行っても問題がないとのことです。

 

 

RTPAもRTPAでない競技者もできれば遡及的TUE申請ではなく、事前のTUE申請を行う方が望ましいです。

当ブログではTUE関連の記事をまとめています。

TUE申請とは

RTPAではない国内競技者のTUE申請はこちらをご参照下さい。

TUE申請についてーRTPAではない国内競技者

RTPAのTUE申請はこちらをご参照下さい。

TUE申請についてーRTPA

 

 

 


禁止物質を含まないことを検査されたサプリメント

ABOUTこの記事をかいた人

薬剤師・スポーツファーマシスト。パワーリフティングというスポーツで現在も競技出場しており、競技者目線に立ったアンチ・ドーピングの解説記事を書きます。 主な戦績 2009年、2011年全日本パワーリフティング選手権大会優勝 2011年世界パワーリフティング選手権大会種目別銀メダル 2012年アジアパワーリフティング選手権大会種目別金メダル 2017年度はパワーリフティング、ベンチプレスともに全日本大会3位でした。