遡及的TUE申請について

今日もリトアニアにいます。スポーツファーマシストの奥谷元哉です。

遡及的という言葉は日常であまり使いませんが、事後からさかのぼってTUE申請を成立させるという意味です。

遡及的TUEの申請とは、違反が疑われる分析報告が JADAを通じて競技者に通知された時に行います。

ただし、遡及的TUEも何でもかんでも申請すれば通るわけではありません。申請を行うことでさえ細かい条件があります。

遡及的TUEも複雑で、以下の二通りに対象者が分かれます。

TUE事前申請対象者

これは、JADA指定のRTPA、IF指定のRTPA、JADA及びIF双方から指定のRTPA及びTUE事前申請対象の国内競技会にエントリーしている競技者全員が該当します。

上記のいずれかに該当している方で、下記の条件を満たす場合に遡及的TUEを申請することが出来ます。

ISTUE4.3 条の範囲における遡及的 TUE が認められる事情

a)救急治療又は急性症状の治療が必要であった場合

b)他の例外的な事情ために、検体採取の前に、競技者が TUE の申請を提出するため、 又は、TUEC がこれを検討するために十分な時間又は機会がなかったこと

c)適用規則において、競技者が、遡及的 TUE の申請をすることを義務付けられ(第 5.1 項の解説を参照のこと。)又は許されていた(世界規程第 4.4.5 項を参照のこ と。)場合

d)WADA 及び遡及的 TUE の申請を受け又は受けうるアンチ・ドーピング機関が、 公平性の観点から遡及的 TUE の付与が必要であることに同意する場合

遡及的TUEは緊急のTUEという側面が強いですが、承認要件は通常のTUEと同じです。そのため、上記の条件に加えて、下記の条件にも当てはまらないと承認されません。

1 治療をする上で、使用しないと健康に重大な影響を及ぼすことが予想される

2 他に代えられる合理的な治療方法がない

3 使用しても、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる効果を生まない

4 ドーピングの副作用に対する治療ではない

TUE 事前申請対象者以外の競技者

RTPAではない国内競技会にエントリーしている競技者全員が該当します。

RTPAではない国内競技者は遡及的TUEが唯一のTUE申請手段となります。

遡及的TUE申請は違反が疑われる分析結果の通知を受けてから行いますので承認されなければ即違反が確定します。

RTPAではない国内競技者は競技会検査の前にTUEが承認されるかどうかを知ることが出来ないためRTPAに比べて不利です。

TUEはアンチ・ドーピングルールの中でも非常に複雑です。

まず、基礎的な用語の解説は下記のページをご参照下さい。

TUE申請についてー基礎知識編

RTPAではない国内競技者のTUE申請はこちらをご参照下さい。

TUE申請についてーRTPAではない国内競技者

RTPAのTUE申請はこちらをご参照下さい。

TUE申請についてーRTPA

遡及的TUE申請は特に、国内の競技者のほとんどを占めるRTPAではない競技者にとっては唯一のTUE手段となります。

しかしながら、通らなければ即違反が確定します。

物質名だけ調べてこれはいざとなっても遡及的TUEが通るだろうと構えていては実際に承認されなければ首が締まります。

2017年8月9日追記

原則としては上記の通りですが、TUE事前申請対象の競技会でなくてもTUEの事前申請は行っても差し支えないとのJADAの見解を得ました。RTPAではない国内競技者はTUEの事前申請を行うかどうかについて、NF(所属の競技団体)とご相談の上決定して下さい。

普段から医療用医薬品の使用についてはTUEルールも理解しながら、医師とよく相談して選択して下さい。

私も競技者ですので、禁止物質が含まれていない事を検査されているPeak Performance Nutrition社のサプリメントを愛用しています。トレーニングだけでなくサプリメントの品質、安全も妥協したくない方へ!