TUE申請についてー基礎知識編

スポーツファーマシストの奥谷元哉です。

TUEについては何回かに分けて書きたいと思います。

TUEはアスリートが分かりにくい分野だと思います。

TUEって何やねん?

そうです。TUEに関することの最大の問題点は

意味不明なアルファベットの略称があまりにも多すぎる

これにつきます。ええ、専門家の出番ですので解説いたします。

TUEとは

Therapeutic Use Exemptionの略で、日本語訳は治療使用特例です。

はい、戻るボタンを幼い。まだ始まったばかりですので。

本当に噛み砕いて書きますと、

治療目的で禁止物質を含んだ医薬品を使う場合、使うことを申請して下さい。申請内容が適切であれば禁止物質の使用を特例で認めますよ。

と、いう意味です。長なったやんけ。

ええ。すいません。

TUEについての誤解

何でもかんでも申請すれば通るものではありません。申請してはいOKではありません。JADAから承認されないと使用OKにはなりませんのでご注意下さい。

TUEは下記の条件に当てはまる時に承認されます。(転載元JADA)

治療をする上で、使用しないと健康に重大な影響を及ぼすことが予想される

他に代えられる合理的な治療方法がない

使用しても、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる効果を生まない

ドーピングの副作用に対する治療ではない

これに追加して、医療用医薬品(医師の処方せんに基づく医薬品)でないとTUE申請が出来ません。医療用医薬品でも漢方薬は申請が出来ません。これも注意が必要です。

TUEには医師の所見を書く欄があるのでアスリートは医師に協力して貰う必要があります。(文書料いるので気をつけてね。)

TUE申請方法はアスリートのステータスによって変わる

アスリートのステータスは下記の4パターンです。

1 RTPAではない国内アスリート

2 JADA指定のRTPA

3 IF指定のRTPA

4 JADA及びIF指定のRTPA

また、意味不明なアルファベットが出てきましたよね。

RTPAとは

Registered Test Pool Athleteの略で、日本語訳は検査対象リスト・アスリートです。

分かりにくいのでこれも簡単に書きますと、

「競技会外検査(抜き打ち検査)対象のアスリート」

の事です。指定が、JADAまたはIFまたはその両方から行われます。

IFとは

International Federationの略で、日本語訳は国際競技連盟です。

これは、意味がそのまま分かりますが、国際競技連盟は膨大な数がありますので転載できません。

詳細及びご自身の競技が連盟に入っているかどうかはWikipediaでご確認下さい。

TUEはあって当然の仕組みなのですが、略称が難解すぎます。

略称も含めてチームのドクターがいる前提でシステムが組まれている感がありますが、アスリートの多くはRTPAではない国内アスリートです。

RTPAではない国内アスリートがTUEを活用し、治療しながら競技に参加できるよう次回以降、申請方法について解説いたします。

私も競技者ですので、禁止物質が含まれていない事を検査されているPeak Performance Nutrition社のサプリメントを愛用しています。トレーニングだけでなくサプリメントの品質、安全も妥協したくない方へ!